智頭杉鉛筆Project

智頭杉鉛筆は、‟ローカル鉛筆”の三人兄弟の末っ子として、2020年12月に誕生しました。
誕生させるべく、木工家で智頭町に住む「山本泰造」と「鈴木猛夫」が協働して、県立智頭農林高校のご協力を得ながら、「演習林育ちの智頭杉の価値再生」をテーマにプロジェクトを進めてきました。

智頭杉の製材を鉛筆に成形する特殊作業は、‟ローカル鉛筆”のパイオニアで、六甲山などの木々のコーディネーターの山崎正夫氏に依頼しました。

パッケージは、米国系広告会社で日本の大手会社のCIデザインなどを手掛け、現在は独立して神戸市にお住まいのデザイナー・白鳥浩平氏にお願いしました。

そして、智頭杉鉛筆を紹介したフライヤー(チラシ)は町内に住む林業家とデザイナーの二足の草鞋を履く、奥井彩音さんにデザインして貰いました。

木工家・山本 泰造
「ノミとカンナ」主宰
智頭杉を使って、子供玩具などを製作・販売
するとともに、木工愛好家向けに定期的にワ
ークショップを開催している。

木工家・鈴木 猛夫
「turnover」主宰
智頭桧を使い、半分強に厚みを圧縮した
うえ、水に強く、香りが良い特長を活か
した雑貨などを製作・販売している。

六甲山鉛筆     淡路島鉛筆

六甲山の杉

2018年誕生
裏六甲山の手入れのために伐り出された間伐の杉材を使用。

淡路島の桧

2019年誕生
「淡路島の家」で建材として使用された、淡路桧を再活用した鉛筆